記事詳細

【ゴルフ真剣勝負 the MATCH】後藤未有(2)リズムを意識すればコースに惑わされない  (1/2ページ)

 アマチュアゴルファーと一緒にプレーをしていると、「練習では良かったんだけどなあ…」という言葉をよく聞きます。その原因は何か?

 私が見た感じでは、コースの景色など目に入ってくる情報によってスイングそのものが変わってしまうケースが多いように思います。

 例えば、右サイドがOBだったら、そっちに打ちたくないと思って早く体が開いてしまうとか、グリーン前にハザードがあったらそれが気になってついつい力んでしまうとか。

 このような場合、悪影響を与えるものはできるだけ意識しないようにするという人もいるようですが、それを完全に消し去ることはけっこう難しいことです。それよりも、ほかのことに集中するようにしてはいかがでしょうか。

 特に私がオススメしたいのは、リズムを意識することです。「イチ、ニ、サン、シ」でも「チャー、シュー、メン」でもいいので、練習のときからスイングするときのリズムを決めておき、打つ方向を決めたら、あとはそのリズムだけを意識して打つ。そうすれば、コースのことが気にならなくなるし、スイングそのものも安定します。

関連ニュース