記事詳細

【菅原大地のサイコースイング】なぜボールは曲がるのか 原因は軌道だけではない、“入射角”と“打点”も要チェック (1/2ページ)

 スライスやフックが出始めたとき、ゴルフのことを勉強している人なら、スイング軌道に問題があると考えるのではないでしょうか。スライスが出たら軌道が「アウトサイドイン」(写真(1))、フックが出たら「インサイドアウト」になっているといったように。しかし、ボールが曲がる原因はそれだけではありません。軌道のほかに、「入射角」と「打点」も曲がりの大きな要素になります。

 たとえば入射角。クラブというのはもともとつかまりやすい構造になっているわけですが、アッパーブローになると、クラブの構造ともあいまってボールの回転軸が左に傾き、左に曲がりやすくなります。つまりドライバーショットなどでは、アッパーブローを強くするだけで右への曲がりを抑えられることもあるということです。

関連ニュース