記事詳細

雪辱期す 新種目の競泳混合400メートルメドレーリレー予選9位 池江璃花子

 白血病から復帰した池江璃花子(21)=ルネサンス=は29日、新種目の混合400メートルメドレーリレー予選に出場。予選2組で日本のアンカーを担ったが、3分44秒15の全体9位で決勝進出を逃した。メンバー入りを28日に告げられ、引き継ぎ練習はレース当日のみ。第3泳者だったバタフライの松元克央(24)=同(右隣)=から7番手で引き継ぎ、積極的な泳ぎで6番手でフィニッシュも、決勝進出ラインの全体8位までわずか0秒21及ばなかった。次の出番は30日の400メートル女子メドレーリレー予選。有終の美を飾れるか

関連ニュース