記事詳細

イラン射撃男子の金メダリストは「米指定テロ組織」現役隊員

 射撃男子エアピストルの金メダリスト、ジャバド・フォルギ(41)が、同国の最高指導部に直結する軍事組織、革命防衛隊に所属していると海外メディアが報じた。同組織は2019年、当時の米トランプ政権がテロ組織に指定したことでも知られる。

 イスラエル紙エルサレム・ポストによると、イランのスポーツ人権団体が声明文で、フォルギは看護師として内戦中のシリアに13年から駐留、射撃を学んだと告発。「金メダル授与は国際社会、特に国際オリンピック委員会(IOC)の評判にとって破滅的な出来事」と指摘した。

 別のイスラエル紙は、イランの国営テレビが、フォルギの金メダルを受け、革命防衛隊が運営するテヘランの病院からのリポートを放送したと伝えた。ライシ次期大統領が電話でフォルギを祝福したとも報じた。