記事詳細

【最先端アマチュアスイング】前へならえスイング フォローでも前へならえの形に持っていくには (1/2ページ)

 テークバックで前へならえの位置に腕を上げ、ダウンスイング、インパクトを経てフォロースルーへと向かっていくわけですが、フォロースルーでも腕を前へならえのポジションに上げることが重要なポイントになってきます。写真(1)(2)のように、テークバックと対象になるように腕を上げるのが正しい動きなのです。

 このように写真で見ると、ごく一般的な動きのように見えますが、実はアマチュアゴルファーの中には、同(3)のように低い位置にクラブが上がったり、ヒジが引けてしまうなど、フォロースルーで腕を上げていない人がけっこういます。

 なぜ、このようなフォロースルーになってしまうのか。その原因は、腕の振りすぎにあります。

 多くのゴルファーは地面にあるボールにヘッドを合わせようとして、手元を低い位置まで引っ張り下ろす傾向があります。しかし、皆さんが考えている以上に体の回転が速いため、「手元を下ろす」という動きが入ると、腕が上がってこないうちに体が回ってしまい。結果的にフォロースルーで腕が引けてしまったり、体が起き上がってしまうのです。

 そうならないためにも、ダウンスイングでは腕を振りすぎないようにすることが大事です。

関連ニュース