記事詳細

エンゼルス・大谷、23年FAで年俸55億円へ 米誌予想

 エンゼルスの大谷翔平投手(27)が12日(日本時間13日)、アナハイムでのブルージェイズ戦に7勝目(1敗)を懸けて「1番・投手」で先発。投打同時出場は登板10試合連続。1番での投手は今季2度目。

 投手では5月28日のアスレチックス戦で黒星を喫した後は負けなしの5連勝。MLB公式サイトは「制球が改善された」としている。

 打者では前日38号を放ち、この日直接対決のゲレロ(ブルージェイズ)に3本差のトップ。米ESPNは「大谷は2023年にFAとなると、最低でも5年契約で2億5000万ドル(276億円)」と伝えている。予想年俸は5000万ドル(55億円)まで跳ね上がっている。