記事詳細

【ゴルフ真剣勝負 the MATCH】ペ・ヒギョン(3) タッチを合わせるには「芯に当てる」が大事 (1/2ページ)

 好スコアを出すためには、パッティングが大事です。もともとドライバーを含めたショット練習のほうが好きなのですが、パッティングの練習にもかなりの時間を割いています。

 パッティングで最も意識しているのは、タッチです。特にショートパットはタッチだけを考えながらストロークをしています。

 タッチを合わせるために重要になってくるのが、フェースの芯に当てること。イメージ通りに転がせるかどうかは、芯に当てることができるかどうかに懸かっていると言っても言い過ぎではありません。

 だから練習でも、ひたすら芯に当てる練習を繰り返します。特別な練習方法はありませんが、手先を使わず、体の大きな筋肉を使って打つことを意識して打つようにしています。

 また、ロングパットの距離感はストロークの幅ではなく、右手で出すようにしています。右手を柔らかく使って、手でボールを転がすように転がす。その感覚を研ぎ澄ますために、右手1本でボールを転がす練習もしています。

 ラインに関しては、目から入ってくる情報だけでなく、足の裏を使ってチェックするようにしています。目で傾斜を読むというのは誰でもやっていることだと思いますが、傾斜が読みにくいときはその場所に立ってみる。そうすると、微妙な傾きがなんとなくわかってくるものです。

関連ニュース