記事詳細

【菅原大地のサイコースイング】打点をチェックしてスイング修正 (1/2ページ)

 ボールが曲がる場合は、インパクトのときボールがフェースのどこに当たっているか、いわゆる「打点」をチェックすることも大事です。

 打点に関しては、ドライバーの場合、構造+バルジ(ドライバーを真上から見たときに膨らんで見える部分)によるギア効果で、トゥー寄りに当たる(写真(1))とボールは右に飛び出してフック回転になり、ヒール寄り(同(2))だと左に飛び出してスライス回転になるという特性があります。

 もしそのような症状が出たら、フェース面に打点の位置がわかるシート(ショットマーカーやインパクトマーカーなどの名前で販売)を貼って、自分の打点を確認しましょう。そして、それによってスイングを修正しましょう。

 例えば、ボールがヒール寄りに当たっている場合は、手元が体から離れてボールに向かう傾向にあるので、手元を真下に下ろします。

関連ニュース