記事詳細

【江尻良文の快説・怪説】首位争いのオリックス対ソフトバンク 最大の見所は五輪金メダルバッテリーの戦い 過去には球宴で相手エース解剖の任務も

 首位オリックス対ソフトバンク(京セラドーム)の最大の見所は、東京五輪金メダルバッテリーの戦いだ。

 第1戦の27日にオリックスのエース・山本由伸が先発。大逆転V奪回を狙っているソフトバンクを山本はこう警戒する。

 「ギータさん(柳田)や栗原さん(との対決)は、もちろん楽しみです。甲斐さんとは2試合バッテリーを組んでいろいろ球を見られていますので慎重にいきたいです」

 東京五輪でバッテリーを組んだ甲斐を最大マークする。それも当然だろう。山本は日本代表で女房役だったソフトバンク・甲斐に“丸裸”にされているはずだからだ。

 過去には、球宴がスパイ戦争の舞台になっていた。セ・パのスター選手が一堂に会するが、捕手は“夢の球宴”どころではない。大変だ。所属チームからライバル球団のエース解剖という、一大任務遂行を強いられるからだ。

 「公式戦では、打席でしか投手を見られない。が、お祭り騒ぎのオールスターでは、同じリーグのライバル選手の実態が見られる。捕手なら同じリーグの他球団のエースに、実際にいろいろな球を投げさせ、丸裸にできる。後半戦から打ち崩したケースは珍しくない」

 球界OBたちの経験談だ。日本野球初の金メダルバッテリーがペントレースでどんな戦いを繰り広げるのだろうか。(江尻良文)

関連ニュース