記事詳細

【ゴルフ真剣勝負 the MATCH】後藤未有(3) ラウンド前の練習は各ホールをしっかりイメージして (1/2ページ)

 その日のスコアを左右するともいわれるラウンド前のショット練習。皆さんはどんな練習をしていますか?

 どうすればいいというような正解はなく、プロゴルファーでも人によって違いますが、私の場合は、ラウンドを想定した練習を実践しています。

 ストレッチなどのウオーミングアップしたあとラウンドのように、ドライバーバーを手にし、スタートホールのレイアウトやピンポジションをしっかりイメージしながらティーショットを行っているのです。

 そして、ティーショットを打ち終えたら、再びヤーデージブックを確認し、ボールの落としどころや残り距離を確認し、それに合ったクラブを選んでショットを打ちます。

 セカンドショット(パー3の場合はティーショット、パー5の場合はサードショット)を打ち終えた時点でそのホールは終わり。同じような手順で次のホールに進みます。

 この練習のメリットは、ショットの練習とイメージトレーニングを兼ねることができることです。特に、各ホールをイメージした練習をやっておけば、それぞれのティーイングエリアに立っても慌てることなく、落ち着いてスイングができます。

関連ニュース