記事詳細

【福島良一 メジャーの旅】「鉄鋼の町」に新たなヒーロー出現! ピッツバーグで輝く筒香に感慨深さ (1/2ページ)

 鉄鋼の町に新たなヒーローが出現した。今年5月にレイズを戦力外となり、ドジャースでも40人枠外。日本球界復帰も噂されたが、8月16日パイレーツ移籍後にようやく本来の力を取り戻した筒香嘉智外野手だ。

 米東部ペンシルベニア州ピッツバーグ。3つの川の合流地点、いわゆる“黄金の三角地帯”に広がり、ニューヨークのマンハッタンを連想させる市街地。かつては「鉄鋼の町」として栄えたが、全米有数のハイテク都市に生まれ変わった。

 そこに1887年から古豪パイレーツが本拠を置く。1903年第1回ワールドシリーズに出場し、09年初の世界一。20世紀初頭に最高の選手とうたわれ、高価な野球カードでも有名なホーナス・ワグナーはじめ、幾多の大スターを輩出した。

 70年代に黒人、およびラテン系選手を中心に黄金時代が到来。しかし、チームの象徴的存在だったロベルト・クレメンテが、72年大みそかにニカラグア大地震の被災地へ救援物資を運ぶ途中、飛行機がカリブ海に墜落。海のもくずと消えた。

 その悲劇を乗り越え、79年に「パパ」の愛称を持つウイリー・スタージェルが牽引(けんいん)し、シスター・スレッジの名曲「We Are Family」をスローガンに世界一。NFLのスティーラーズも王座に就き、「チャンピオンの町」として沸き返った。

関連ニュース