記事詳細

巨人・中田翔に“戦力外”の烙印 ライバル球団分析「今年はもう打てない」 (1/2ページ)

 巨人・中田翔内野手(32)は5日の阪神戦(甲子園)で7試合ぶりにスタメン落ち。8回に代打も岩崎の前に空振り三振に倒れた。ライバル球団の偵察部隊に弱点を丸裸にされ、「今年はもう打てないんじゃないかな」と“戦力外”の烙印まで押される始末だ。

 巨人に来てから13試合で32打数5安打、打率・156。目立った仕事は移籍2戦目となる8月22日のDeNA戦で放った本塁打による2打点だけで、阪神との首位攻防戦でも見せ場はなかった。

 4日の同カードでは阪神先発のガンケルからアルプス席に特大ファウルを打ったが、「今は内角に手を出すと、あれが精一杯。フェアグラウンドには飛ばない」とばっさり切り捨てるのは、セ球団のあるスコアラーだ。

 「彼が若い頃には(バッテリーに)『内角には投げるな』と指示したぐらい、もともと内角は強かった。だが、年齢とともに身体のキレがなくなり、内角球を裁けなくなってしまった」とズバリ指摘。「ここに投げておけば抑えられるというのがあるので、阪神の佐藤輝と同じで説明しやすい打者。もちろん投げミスをすれば打たれるが、しっかり攻めれば大丈夫」と自信を持っている。

関連ニュース