記事詳細

巨人・中田翔に“戦力外”の烙印 ライバル球団分析「今年はもう打てない」 (2/2ページ)

 どこかが気づいた攻略法は瞬く間に他球団にも広まる。力勝負のパ・リーグに対し、相手の弱点を徹底的に突くのがセ・リーグの野球だ。内角を意識するあまり、打てない球にまで手を出して凡退を繰り返す悪循環。今や中田は自分の打撃を完全に見失っている。

 批判も強いなか「まだ32歳、才能ある野球人。過去、現在、未来全てを共有する覚悟」で引き取った原監督にとって、中田の再生は使命といっていい。あくまで1軍で変わり身を待つのか、それとも2軍で再調整を命じるのか。これだけの大物を降格させれば、ファームに混乱を招くのも必至だが、逆転Vへ決断が迫られる。 (塚沢健太郎)

関連ニュース