記事詳細

【田代学 ダッグアウトの裏側】父超え45発!22歳ゲレロJr.が挑む偉業 三冠王も射程圏内、MVP争いは混沌 (1/2ページ)

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手(27)は、同じ二刀流として比較されることで改めてベーブ・ルースの偉大さを現代のファンに知らしめた。それは本塁打王を争うブルージェイズのウラジーミル・ゲレロ・ジュニア内野手(22)も同じだ。

 たとえば日本のファンに懐かしい親子選手を思い出させた。6日(日本時間7日)のヤンキース戦で40号。親子でシーズン40発以上は、阪神でもプレーしたセシル(タイガースなど)と、プリンス(ブルワーズなど)のフィルダー親子以来、史上2組目だった。

 父親にも脚光。ゲレロ・シニアは、エクスポズやエンゼルスなどで通算449本塁打の殿堂入り外野手で、シーズン最多は2000年の44本だった。息子が13日(同14日)のレイズ戦で放った45号は本塁打王争いで単独トップに立っただけでなく、父親越えの一発でもあった。

 「去年や一昨年に比べてチームの勝利に貢献できている。それが今年の方が誇れる点だ」と球宴後にトロントの地元紙に語っていたゲレロは、まだ22歳。童顔の大谷より5歳も下には見えないが、大記録に迫っている。

関連ニュース