記事詳細

2軍で大暴れの中田翔に阿部監督「1球も振るな」 日本ハムにはない巨人の打撃指導、同じ修羅場くぐった大打者からの処方箋とは (1/2ページ)

 打撃不振で2軍調整中の巨人・中田翔内野手(32)が、16日のイースタンリーグ楽天戦(ジャイアンツ球場)で2打席連続本塁打を含む3安打3打点と大暴れ。厳しい指導で知られる阿部慎之助2軍監督(42)は、心技体が整わず1軍から送り込まれた悩める大砲と、どう向き合っているのか。

 2軍戦とはいえ、相手先発は昨季1軍で11勝の涌井。中田は実力派右腕から初回に左前打を放つと、3回には高めに浮いたスライダーをとらえ左越え2ランをたたき込んだ。「日々、ファンの皆様の拍手や視線に勇気づけられています。皆様の力でスタンドまで届いてくれました」と殊勝すぎるほどのコメントを発すると、さらに5回にも中越えの特大ソロ。2軍降格後は18打数で4本塁打含む11安打13打点、打率・611とすさまじい。

 6回の第4打席は1球もスイングせず、カウント3-2から見逃し三振に倒れたが、実はベンチから「1球も振るな」と指示が出ていた。試合後に阿部監督は「夕刊フジで書いても誰も納得しないからね」とおどけつつ狙いを説明。打席でボールを見ることに専念させるとともに、自身の威圧感で投手が制球を乱し打者有利のカウントになり得ると実感させた。「中田翔クラスになると3-2になるんだから」。

関連ニュース