記事詳細

【ゴルフ真剣勝負 the MATCH】宮本勝昌(1) ラウンド前の練習、片手打ちで体の動きを確認 (1/2ページ)

 ラウンド前の練習は、プロのほうが入念にやっているような気がしますが、皆さんはどうですか? もちろん、試合前のプロほどたっぷりと練習する必要はないと思いますが、良いゴルフをするために、また、ケガの予防のためにもしっかり準備はしておいたほうがいいでしょう。

 私の場合はストレッチで体をほぐしたあと、いつも最初にやっているのが片手打ちです。まず左手1本でクラブ(PW)を持ち、アプローチショットをするようなイメージで3球ほど打ちます。

 次に右手1本でクラブを持ち、短い距離を3球ほど打ちます。そして最後に、両手で3球ほどアプローチショットをします。この練習をしてからクラブの番手を上げていきます。

 「左手→右手→両手」の練習は、左右の手の使い方を確認するためのものではなく、体の動きを確認するためのものです。左手で持って構えたら、左手を動かすのではなく、体の動きにしたがってクラブを振るだけ。左手に余計な動きはさせません。

関連ニュース