記事詳細

2桁勝利へチャンスは残り2試合 エンゼルス大谷は「スプリッター・キング」と米メディアも驚く新投球術を披露 (1/2ページ)

 19日(日本時間20日)のアスレチックス戦で8回10奪三振の好投をみせたが、惜しくも10勝目を手にすることができなかったエンゼルスの大谷翔平投手(27)=9勝2敗。1918年のベーブ・ルース以来となる2桁勝利&2桁本塁打の偉業達成に向けて、今季の残り登板機会は最大2試合だ。

 ポストシーズン進出が絶望のエンゼルスだけに無理はさせたくないのがマドン監督の本音。ただ大谷の闘志は燃え上がるばかりで、試合後「大谷をもう1試合投げさせたいか」と尋ねられると、「もちろんだ。体調は確認するが。今季123イニングを投げており、あと2試合投げられたら、来季はポストシーズンを目指して150イニングを安心して投げさせることができるようになる」と力強く答えた。

 今季残り試合を中6日のローテで投げきると仮定すると、26日(同27日)の本拠地マリナーズ戦と、10月3日(同4日)の敵地での同カードであと2試合投げることが可能だ。大谷はマリナーズを得意にしており、過去成績は2試合で2勝0敗、防御率3・00。今年6月4日の本拠地での対戦では、6回4安打2失点に抑えている。