記事詳細

巨人・中田、1軍再昇格もグラウンド内外で“洗礼” 「起爆剤」と期待も3タコ…ジャラジャラ金ネックレスで“ファッションチェック”もアウト (1/2ページ)

 巨人は21日の広島戦(マツダ)で、相手先発の床田にプロ初完封を許す屈辱の完敗。首位阪神とのゲーム差は「3・5」に広がり、23日にも自力優勝が消滅する。苦境のチームの起爆剤と期待され、1軍に再昇格した中田翔内野手(32)は即先発も不発。チーム合流に際して前日20日には、古巣日本ハムではあり得ない“ファッションチェック”の洗礼を浴びるなど、グラウンド外でも伝統球団への適応に四苦八苦している。

 「(得点圏で)1本が出なかった。向こうはそれをぱっとものにしたということですね。完封されているわけだから」。原辰徳監督(63)はサバサバと話した。

 2軍降格から最短の10日間で呼び戻し、即「6番・一塁」でスタメン起用した中田は1死一塁の1打席目こそ四球を選んだが、その後は2度の空振り三振と中飛に倒れた。2軍戦では打率・500、4本塁打、13打点と格の違いを見せつけていたが、勢いを持ち込み1軍の打線を活性化するもくろみは外れた。

 それでも指揮官は「まあまあ、いい感じだと思いますね。結果は出なかったけど、フィールディングなんかもうまいしね。あれ(6回の小園の右翼線への安打)を1ヒットで止めるところもすごいですね」と守備を称賛。故郷広島で打棒もお目覚めといきたいが、移籍後初の凱旋は一歩目からどうにも勝手が違った。

関連ニュース