記事詳細

大谷、1球に泣いた 7回10Kも今季10勝目は再びお預け B・ルース以来103年ぶり快挙へ最後のチャンス、今季最終戦の登板はあるか (1/3ページ)

 エンゼルスの大谷翔平投手(27)は26日(日本時間27日)、本拠地アナハイムでの今季最終戦となるマリナーズ戦に「2番・投手」で先発登板。1-0とリードした7回に痛恨の同点本塁打を被弾し、ベーブ・ルース以来103年ぶりの「2桁勝利&2桁本塁打」は持ち越しとなった。7回5安打1失点、10奪三振の好投だったが、1-1の同点でマウンドを降り、今季10勝目はならなかった。最後のチャンスとなる10月3日(同4日)の今季最終戦に登板するかが注目される。試合は1-5で負けた。

 序盤から速球に勢いがあり、スプリット、スライダーの切れも十分。ポストシーズン進出のかかったマリナーズ打線を封じ込めたが1球に泣いた。

 1点をリードした7回1死。この日投じた最も甘い球だった。真ん中に入ったスライダーを7番ケリニックに右翼スタンドに運ばれる同点ソロ。大谷も「しまった」の表情で、球場内には大きなため息が漏れた。

 それでもこの回を力を抜かずに投げきった。9番バウアーズを空振り三振に打ち取った最後の112球目は99マイル(159キロ)を記録。マウンドを降りる際には納得したような笑顔も見せ、場内は大きな拍手に包まれた。シーズンを通して球史に残る二刀流を満喫した地元ファンからは惜しみない声援が送られた。

 この日の大谷は気迫に満ちており、1回先頭打者に右前打を打たれたが主軸の3番シーガー、4番ハニガーを直球とスライダーで連続の空振り三振に打ち取って波に乗った。2、3、4回は3者凡退。3回には今季150奪三振に到達した。