記事詳細

渋野日向子「17番リベンジ」決めた“焼き肉パワー” 6位急浮上「“別人のゴルフ”をすることができた」 (1/2ページ)

 ■国内女子ゴルフ「日本女子オープン選手権」第3日(3日、栃木・烏山城CC=6550ヤード、パー71)

 自然と口元が緩んだ。「昨日とは全く“別人のゴルフ”をすることができました」とは、渋野日向子(22)である。

 5番(パー5)で最初のバーディーを奪うと、この日はボギーなしの5バーディーで66。この日のベストスコアだ。前日は出だし10番で「久々の4パット」するなど75。4位から33位と急降下したが、再び6位へ急上昇したのだ。

 「昨日の悪さがあったからこそ、気付けたことがある。打ちたい方向に対して真っすぐ立っていなかったので、その辺りを修正した」

 修正で“別人ゴルフ”である。17番(パー4)は予選2日間とも、ティーショットを左に大きく曲げ、深いラフにつかまってボギーとした。

 「右側にクリーク、左は林…。逃げるなら左かなと思って打ったが、2日間ともいつもより左を向いていたって気がついた。だから若干、右を向いて左に振り抜いた」

関連ニュース