記事詳細

観客100%動員で警戒“中東の笛” 正念場の森保ジャパン、サッカーW杯最終予選サウジ戦8日午前2時キックオフ

 サッカー日本代表にとってW杯カタール大会アジア最終予選の天王山、サウジアラビア戦は7日(日本時間8日午前2時)に運命のキックオフを迎える。結果が出なければ森保一監督(53)の進退問題に発展する決戦で、日本が何度も泣かされてきた“中東の笛”が気がかりだ。

 決戦前日6日のオンライン会見には、DF吉田麻也主将(33)=イタリア1部サンプドリア=が登場。背水の陣の森保監督について、「批判をされない監督は世界のどこにもいない。森保さんは本気で選手ファーストで考えてくれる」と揺るぎない信頼関係を強調した。

 絶対に負けられない戦いだ。W杯最終予選で日本は中東でのアウェー戦を苦手としてきた。吉田も「イレギュラーなことが起こることが多い。レフェリーの笛も観客の雰囲気で変わる」と敵地寄りのジャッジを警戒。そこに拍車をかけるのが、急きょ決まった試合会場の“フル開放”だ。

 収容人員6万2241人のキング・アブドゥラー・スポーツシティー・スタジアムは試合当日、新型コロナウイルス対策でこれまでは60%の動員の予定だったが、この日になって「100%の観客動員になることが正式に決まりました」とチーム広報が発表した。

 6万人超の大観衆から敵意をぶつけられる完全アウェー。スタンドの怒号やため息がレフェリーの判定を惑わせるリスクはさらに高くなった。森保ジャパン、正念場の一戦だ。