記事詳細

石川遼、覚悟の米下部ツアー参戦 渡米前の一戦は初日イーグル締め 国内男子ゴルフ「ブリヂストン・オープン」

 ■国内男子ゴルフ「ブリヂストン・オープン」第1日(7日、千葉・袖ケ浦CC袖ケ浦=7119ヤード、パー71)

 今大会終了後に米下部ツアー予選会に参戦する石川遼(30)は、首位と6打差のイーブンパーの51位タイと出遅れ。1バーディー、1ボギー、1ダブルボギーで迎えた最終9番でイーグルを奪うも、「最後だけ(よかった)みたいな感じです」と渋い顔で振り返った。

 今後は渡米して今月19日の2次予選から出場の予定だが、賞金ランキング5位以内なら11月の最終予選から戦える。

 現在9位(約5451万円)の石川にとっては、今大会の優勝賞金2200万円を獲得するのが最低条件だが、「2次で通るゴルフができないと、最終予選も当然通れないだろうし、むしろ2次からやりたいと思いますね」と這い上がる覚悟だ。

 「今週の結果に関わらず、しっかりと長い目で自分のゴルフと向き合っていかなければいけないで。うまくいかないこともあるんですけど、長い戦いだと思っている」と腹をくくって海を渡る。

関連ニュース