記事詳細

松山、途中経過で9位の好発進「パットいい感じ」 米男子ゴルフ「シュライナーズチルドレンズオープン」

 米国男子ゴルフのシュライナーズチルドレンズオープンは7日、ネバダ州TPCサマリン(7255ヤード、パー71)で開幕し、松山英樹(29)は6アンダーの65で回り、途中経過で9位。首位に4打差の好スタートを切った。

 7バーディー、1ボギーの納得のラウンド。インスタートの前半はショットがピンにからみ、後半は7番で3パットをしたものの、上がりの2ホールは連続バーディーだった。

 「いいスコアで回れてよかった。ショットとアプローチはポンコツだが、パッティングは後半の4番くらいまでずっといい感じ。7番で外した後もいいパットを決められた」と手応え。今週からのラスベガス2連戦を経て帰国し、「ZOZOチャンピオンシップ」(アコーディアゴルフ習志野CC)に出場する。

関連ニュース