記事詳細

学校関係者も心配…日本ハム1位指名・達の“熱すぎる”メジャー志向 目標はダルビッシュにシャーザー、NPBは「見ていません」 (1/2ページ)

 日本ハムに単独1位で指名された天理高(奈良)・達孝太投手(17)は、学校関係者が心配するほどに熱すぎるメジャー志向の持ち主だ。

 今春の選抜高校野球でチームを4強に導いた身長194センチの右腕は、会見場で「よくても2位くらいかなと。普通にびっくり」と頬を緩めた。

 目標とする選手には日本ハムOBのダルビッシュ(パドレス)のほか、ともにドジャース所属の右腕、サイ・ヤング賞3度のマックス・シャーザーと昨季サイ・ヤング賞に輝いたトレバー・バウアーの名前を挙げた。

 学校関係者によると、入学当初からメジャーへのあこがれが口に上る機会は多く、近頃はポストシーズンに入った大リーグの生中継を連日、携帯でチェックする熱の入れようだ。

 一方で、日本のプロ野球は「見ていません」ときっぱり。プロ入り後に対戦したい選手も「特にいない」とした。

 自身の性格を「周りは気にならない」と分析するとおり、会見ではマイペースな受け答え。1年目の目標は「実現しなかったら焦る。精神的にしんどくなる」とあえて立てない方針だ。大勢のファンから注目されることについても「あまり関係ないですね」。関心があるのはもっぱら、自身の投球技術の向上だ。

関連ニュース