記事詳細

中畑清OB会長が巨人に喝!「悔しさや怒りがない、何かが切れている」 「話があれば聞くよ!」闘魂注入する気力も体力も十分 (1/2ページ)

 DeNAの球団誕生10周年を記念するセレモニーが17日、ヤクルト戦(横浜)の試合前に行われ、初代監督の中畑清氏(67)が登場。久しぶりに“戦場”に立って血が騒いだのか、10連敗中の巨人にOB会長として雷を落とした。

 始球式で投手役を務めた中畑氏は、打席に立った前監督のアレックス・ラミレス氏(47)に遊撃方向に打ち返された後、会見場に現れると指揮官時代を思い出した様子。「何かこの雰囲気いいね。こういうの好き。ちょっと(報道陣の)数が少ないかな」とキヨシ節を炸裂させ、「クビになって以来だからね。最後のメッセージをしゃべるのと、気楽にしゃべるのでは全然違うな。球場でマイクパフォーマンスっていいね!! 非常に気持ちがよかったです」とセレモニーを振り返った。

 DeNAはもっか最下位。このまま終われば中畑監督時代の2015年以来6年ぶりの屈辱だが、それ以上に心配なのがOB会長を務める巨人の歴史的大失速だろう。

関連ニュース