記事詳細

【ゴルフ真剣勝負 the MATCH】宮本勝昌(2) 打ち急ぎ防止にクラブ2本でゆったり素振り (1/2ページ)

 ミスショットをしたとき、同伴競技者から「打ち急いでいるよ」と言われたことがある人も多いのではないでしょうか。実際、われわれプロが見てもスイング自体は悪くないのに、打ち急ぎが原因でスイングもスコアも崩している人が多いように思います。

 このような打ち急ぎを防ぐためには、どんな場面でも一定のリズムとテンポでスイングすることが大事です。とはいえ、「このホールは飛ばしたい」とか「ショートアイアンのショットなのでピンに絡めたい」というときはいつも通りのリズムやテンポで打てないものですよね。

 打ち急ぎやインパクトで上体が突っ込んでしまうというようなミスは、ラウンド前にゆっくり振る練習をしておくと防ぐことができるものです。

 やり方は簡単です。クラブを2本持ち(写真〔1〕のように1本は逆さまに持つ)、ゆっくり素振りをする練習方法です(同〔2〕〔3〕)。2本持つことによって重さも2倍になるわけですが、その重みを感じながらゆっくり振る。そしてその感覚を体に染み込ませておきましょう。

 そうすれば、ドライバーなど長いクラブでもゆったりとしたスイングで振れるようになるはずです。

関連ニュース