記事詳細

【新発想 2重振り子スイング】切り返しでヘッドを落とすとフェースはスクエアに戻る (1/2ページ)

 引っ掛けることもあるし、ときどきスライスも出る。単に真っすぐ飛ばせないだけでなく、曲がる方向が一定していないという人も多いようです。

 いくつかの要因が考えられますが、よく見られるのが、トップからの切り返しで腕の力で打ちにいこうとする動きです。打ち急ぎともいわれるこの動きですが、このような力が働くと、クラブが開く方向にねじれる力がかかってしまうので、そのまま打てばスライスになってしまいます。また、アウトサイドからクラブが入ってしまって手首が返り、フェースがかぶって引っかけが出ることもあります。

 つまり、切り返しの時点でフェースが開くと、引っかけとスライスという両方のミスが出る危険性があるということです。

 このミスを防ぐためにぜひやってほしいのは、切り返しで一度ヘッドを下に落としてから(写真〔1〕〔2〕〔3〕)、ゆっくり体を回す形でスイングをすることです。そうすればクラブが閉じる側にねじれる力が働くので、インパクトでもスクエアに戻りやすくなるからです。

 一度落とすというのが難しいのであれば、手元の力を少し緩めるだけでもかまいません。そうすると背中のほうにクラブがタラリと垂れてくると思いますが、それが正しいクラブの動きです。

関連ニュース