記事詳細

セ・リーグ新人王 夕刊フジ記者の選考理由を大公開! 笹森記者「五輪の影響を考慮して栗林」 (1/2ページ)

 史上最高レベルの呼び声高い今季のセ・リーグの新人王争い。かねて本命視されてきたのが、開幕から広島の抑えを務めた栗林良吏投手(25)だ。リーグ2位の37セーブ、驚異の防御率0.86でシーズンを全うしたうえ、今夏の東京五輪でも侍ジャパンの守護神として金メダルに貢献するなどフル稼働した。10月に打率.452の猛チャージで対抗馬となったのが、こちらも開幕からDeNAのレギュラー野手として奮闘した牧秀悟内野手(23)だ。阪神の3人衆、24本塁打の佐藤輝、正遊撃手でリーグ最多30盗塁の中野、規定投球回にわずかに未達も10勝で防御率2.44の伊藤も例年なら受賞に異論の出ない成績。受賞者は5日に始まった投票によって選ばれ、12月15日のNPBアワーズで発表される。投票資格を持つ報道各社のプロ野球担当記者は、甲乙つけ難い有力候補の誰に1票を投じるか、今月16日の締め切りまで大いに悩むことになりそうだ。例年通り秘密投票で実施されるが、夕刊フジは記者4人の選考理由を実名で公開する。

 ともに突出した栗林と牧の成績をさまざまな角度で比較しても結論が出ず、稼働時間という基準を加味して考えてみた。

 試合開始から終了まで集中が求められるレギュラー野手の稼働時間は、試合の最後に出てくる抑えとは比べものにならない。さらに抑えは連投を考慮したベンチ外の日、大差がついて準備が不要な試合展開の日もある。

関連ニュース