記事詳細

【新発想 2重振り子スイング】「右足前で打つイメージ」があれば球は曲がらない (1/2ページ)

 ダウンスイングで頭がボールの方向に動いてしまう人がいます(写真〔1〕)。上から叩きにいこうとすると、こうなることが多いといえるでしょう。強く叩いて飛ばしたいという気持ちはわかりますが、叩きにいってしまうとヘッドが上から入ってしまい、方向性が不安定になります。

 方向性を安定させるためには、ヘッドを高い位置から入れるのではなく低い位置から入れることが大事です。さらにインパクトゾーンに入ったヘッドを、地面をこするように低く、そして真っすぐ動かすことが曲がらない球を打つポイントになります。

 低い入射角で入れるということに関しては、右足の前でリリースするイメージを持つといいでしょう。わかりやすくいえば、インパクトを正面ではなく、右足前で終わらせる感じです。

 右足前で打つイメージだとヘッドがボールに届かないのではないかと思う人がいるかもしれませんが、この動きに腰の回転が加わるので手で届かせようとしなくても確実にヘッドはボールに届きます。

 実は、右足前でボールを叩くイメージでスイングするというのは大事なことで、「右足前でインパクト」と「腰を回す」の2つが行われて、正しいハンドファーストが実現します。ハンドファーストというと手元が体の左側に来るというイメージがありますが、手は右に残して体を回すことでハンドファーストインパクトが成立するのです。

関連ニュース