記事詳細

エンゼルス・大谷、「シルバースラッガー賞」初受賞 イチロー以来12年ぶり、DH部門では初の快挙!

 米大リーグ機構は11日(日本時間12日)、打撃のベストナインに相当するシルバースラッガー賞を発表し、エンゼルスの大谷翔平(27)はア・リーグの指名打者(DH)部門で初受賞を果たした。日本勢ではイチローがマリナーズ時代の2001、07、09年に外野手部門で3度選ばれて以来12年ぶりで、DH部門では初めての快挙。

 大谷は投打の「二刀流」をこなし、打者で打率・257、リーグ3位の46本塁打、100打点、26盗塁を記録した。DHとしては、本塁打、三塁打(8)、長打数(80)、長打率(・592)、盗塁などで1位だった。

 シルバースラッガー賞は各球団の監督やコーチの投票で決定。大リーグ公式サイトは受賞について「大谷の二刀流での活躍は今季最大の話題となった。打者だけでもありえない成績だ」と伝えている。

 大谷はすでに専門誌「ベースボール・アメリカ」の年間最優秀選手、「ベースボール・ダイジェスト」の野手部門最優秀選手、「スポーティング・ニューズ」の年間最優秀選手、コミッショナー特別表彰、選手間投票による年間最優秀選手やア・リーグ最優秀野手を受賞している。18日(日本時間19日)に発表される選手最高の栄誉でア・リーグ最優秀選手(MVP)では最終候補の3人に残り、選出が最有力とみられている。

関連ニュース