記事詳細

【清水秀彦 そういうことだろ~】森保JはW杯最終予選で「冨安のチーム」になってきた 16日深夜、敵地でオマーン戦 (1/2ページ)

 --サッカー日本代表にとって年内最後のW杯カタール大会アジア最終予選、難敵オマーンとのアウェー戦は16日(日本時間17日午前1時開始)開始です

 清水「オマーンが難敵? リスペクトはしているけど、日本は来年のW杯でベスト8を目指すんじゃないの? だったらすっきり勝ってもらわなきゃ」

 --前回9月2日にホームで対戦した際は0-1で日本が敗れましたが、あの試合ではDF冨安健洋(23)=イングランド1部アーセナル=が不在でした

 「だから負けたとは言わないけど(苦笑)。システムを4-3-3にしてから、後ろは冨安を中心にしっかりカバーができている。安心だよ。森保ジャパンは最終予選で完全に彼のチームになってきたね」

 --何がいいんですか

 「ジタバタしない、慌てない、大崩れしない。センターバックに必要な3要素が完璧さ」

 --清水さんが横浜M監督時代に指導した、元日本代表DF井原正巳(54)=現J1柏コーチ=と似ていませんか

 「井原より冨安の方が技術が上、足元のプレーは特にそう。2人に言えることはプレー中の落ち着き。チームメートにもギャンギャン言わないから信頼は厚くなるさ」

関連ニュース