記事詳細

阪神・梅野ショック…FA移籍へグラリ 矢野監督の露骨すぎる“卒業勧告” 在籍数年の助っ人勢にはラブコールも「生え抜きの主力選手に薄情な態度」 (1/3ページ)

 3年連続ゴールデングラブ賞に輝いたトラの司令塔が流出の危機だ。初取得した国内フリーエージェント権(FA)の行使について熟考中の阪神・梅野隆太郎捕手(30)は、現場トップの矢野燿大監督(52)の慰留に消極的な姿勢に大きなショックを受け、基本線としてきた残留から移籍へ傾きつつある。生え抜きの主力選手に“卒業勧告”を突き付けるかのような薄情な扱いに、チーム周辺からは「あまりにひどい仕打ちだ」と憤慨する声さえ上がっている。 (山戸英州)

 梅野がシーズン終了後初めて、球団フロントと去就に関する話し合いを持ったのは16日夕。それまでクライマックスシリーズで敗退した7日から1週間、身の振り方について熟考を重ねるうちに事態は複雑化した。人気球団の正捕手として一人前に育ててくれた恩義から、阪神とは残留を念頭に交渉するつもりだったが、今後のキャリアに強い不安を抱かせる出来事があったからだ。

 「梅野は『こっちには何もない。寂しいです』と傷ついていた」と親しい関係者が明かすのは、矢野監督から来季残留のラブコールを送られた助っ人勢との落差だ。

 CS終了後、指揮官は1年契約が切れる主軸打者のマルテについて「ムード的に盛り上げて力になっている。マルちゃんは欠かせないよ」と来季構想に入っていることを明言。来季まで2年契約ながら選手側が望めば今オフの移籍も可能な守護神、スアレスに至っては「『スアちゃん頼むぞ』ということはしっかり伝えた」と帰国前に残留を求めて直談判したことを明かし、「いてもらわないと困る」と切望した。

関連ニュース