記事詳細

【新発想 2重振り子スイング】ヘッドを狙ったところに届かせる、ワキ固定グリップからの腰回転打法 (1/2ページ)

 曲げないためには、ボールを上から叩きつけるのではなく、右足の前にあるボールを打つようなイメージで、ヘッドを低い位置から入れることが重要なポイントになります。その動きを覚える練習法としてオススメしたいのが、以前紹介した「ワキ固定のグリップ」から腰の回転でボールを打つドリルです。

 クラブが正面から見て少し右斜め下に下がった状態にして、左手甲を左上に向けてグリップします。そこに右手を下から引っ掛けるようにグリップに絡め、左手親指を包み込むように握ります。これで両ワキが締まったワキ固定のグリップが完成します(写真〔1〕)。この状態から、手は一切使わず腰の回転だけでボールを打ちます(同〔2〕)。

 ほとんどの人は正面でボールを打つ意識を持っていて、そのボールに当てようとヘッドを動かすわけですが、ヘッドには外への慣性(遠心力)が働くので、正面で打とうとするとボールの先にヘッドがズレてしまいます。その点、ワキ固定グリップからの腰回転打法なら、体の回転とともにグリップが左に引っ張られるのでヘッドが狙ったところに戻ります。

関連ニュース