記事詳細

満票でMVP受賞の大谷、一問一答 MLBネットワークに出演し喜び語る

 日本選手としてイチロー以来、20年ぶりの快挙、史上19人目となる満票でのMVP受賞となった大谷は、日本からリモートでMLBネットワークに出演。喜びを語った。

 --今年もっとも誇れるものは

 「たくさんの試合に出られたことが一番。トレーナーにけが明けでいっぱい支えてもらった。そこが一番かな」

 --最終候補のセミアン、ゲレロと対戦するときの心境は

 「まずできる限り対戦したくないです。すごく見ている選手で、なるべくストライクゾーンの中で結果が出るように、それによって自分が成長できるのを楽しみにしている」

 --MVPの栄誉をどう思うか

 「すごくうれしいですし、まずは投票してくれた記者のみなさんと、チームメート、コーチ、ファンのみなさん、トレーナー、手術をしてくれたお医者さん、支えてくれたみなさんに感謝します」

 --今季最高の瞬間は

 「オールスターはテレビで見ている選手と一緒にやらせてもらえてすごくいい経験でした」

 --MVP受賞は想像できたか

 「んー、とりたいなともちろん思ってましたけど。日本で最初に(二刀流を)やるときよりは、アメリカの方が受け入れられる雰囲気があったので感謝している。アメリカ全体のファンやチームにはそこは本当に感謝しています」

関連ニュース