記事詳細

エンゼルス、MVP大谷の通訳・水原一平氏に“最優秀通訳賞”!現地ファン歓喜「最強のコンビ」「イッペイと契約更新を!」 (1/2ページ)

 米大リーグ、エンゼルスは21日(日本時間22日)、公式SNSを更新し、今季のア・リーグ最優秀選手(MVP)を獲得した大谷翔平投手(27)の通訳を務める水原一平氏に、チーム独自の「最優秀通訳賞」を授与したと発表。リプ欄には祝辞が殺到している。

 エンゼルスは公式ツイッターに水原氏の画像を3点アップし、「『MOST VALUABLE INTERPRETER(最優秀通訳賞)』。この賞は私たちの心の中に存在しており、そのことが重要なんだ」とのメッセージを添えて、独自の賞を授与した。

 2枚目の大谷とのツーショット画像には、大谷が15日に日本記者クラブで凱旋会見に臨んだ際、「最もお世話になった人は?」との質問に対して「お世話になったのは一平さんじゃないかと思います。常に一緒に仕事をしていますし、それは彼だと思います」と答えたときのコメントを英訳して掲載。3枚目は「MVI」の金色の文字とともに、水原氏の頭上に王冠が描かれた画像となっている。

 また、チームの公式インスタグラムでも同じ画像を投稿しており、「我々のMVIにコメントをよろしく!」とフォロワーに呼びかけている。水原氏は投球練習で大谷に手際よくボールを渡すなど普段から練習に付き合い、相手投手対策となる動画を準備。大谷と打撃コーチの間に入って情報の伝達にも奔走するなど、役職を超えた活躍で現地ファンからも愛されている。今回の受賞を受けて、リプ欄には英語で「素晴らしい!イッペイは間違いなくショーヘイにとって最も重要な支えであり友人、家族、通訳です。彼はみんなにとって大事な存在です!」「イッペイと契約更新を!」「キング(大谷)を支えるキーマン」「最強のコンビ」などのコメントが殺到した。

関連ニュース

関連ニュース