記事詳細

“一か八かの賭け”に勝ったヤクルト、仲良し助っ人が大当たり サンタナ逆転V弾でオリックスに2勝1敗 移籍断ったGウィーラーの年俸分で2人獲得 (1/2ページ)

 ヤクルトはドミンゴ・サンタナ外野手(29)が23日、日本シリーズ第3戦(東京ドーム)の7回に逆転決勝2ランを放ち、対戦成績を2勝1敗とした。昨季途中に楽天から持ちかけられたゼラス・ウィーラー内野手(34)=現巨人=のトレード話を断わり、昨年オフにホセ・オスナ内野手(28)とともに補強した助っ人砲が、「ポストシーズンは外国人に気をつけろ」という球界の格言を体現してみせた。 (塚沢健太郎)

 シリーズ12打席目にやっと出た初安打が試合を決める一発となり、サンタナは「勝ったので最高です」とニッコリ。高津監督から「一進一退のなかで最後によく打ってくれた。そこまで安打が1本もなかったので、しっかり狙い球を絞って一発で仕留められたのは、素晴らしい集中力だった」と賛辞を受けた。

 高津監督就任1年目の昨季、唯一の外国人野手だった遊撃手のエスコバーはわずか1本塁打と深刻な火力不足。昨年6月には楽天から来日6年目で余剰戦力となったウィーラーのトレードを打診されたが、「年俸2億円は高すぎる」と断ると、ほどなく巨人への移籍が決まった。チーム内では「ウィーラーが来れば雰囲気が変わる。シーズン半分が過ぎていたから年俸も半額で済むし、グッズ代である程度、回収できるのにもったいない」と惜しむ声が上がった。

関連ニュース