記事詳細

【新発想 2重振り子スイング】シャドースイングで体の動き確認 右肩が下がって左に上がるのが正解 (1/2ページ)

 どうすれば正しいスイングになるか。素振りなどで入念に動きをチェックしている人も多いでしょうが、まずはクラブを持たないでチェックしてみることをオススメします。

 両手をクロスさせてそれぞれの肩にあて、写真〔1〕~〔4〕のように、テークバックからスイングと同じようにゆっくりと体を動かしましょう。

 チェックポイントはいくつかあるのですが、特に意識したいのは、ダウンスイング~インパクト~フォロースルーで“ビハインド・ザ・ボール”を意識することです。頭が突っ込まず、ボールの後ろにしっかり残すことで、ヘッドが低い位置から入り、インパクトゾーンが長くなって方向性が安定します。

 また、インパクト~フォロースルーでは、グリップを引き上げるイメージで斜め上方向に体を回していきましょう。

 多くのゴルファーは体を水平に回すのが正しいと思っているようですが、写真を見てもわかるとおり、実際は右肩が下がって左に上がっていくのが正解です。多くの人がイメージしているように体を水平に回すと、ダウンスイング~インパクトで右肩が上がった状態になり、上から叩きにいく形になってしまうからです。ただしこのとき、右肩が下がりすぎて左ワキ腹が伸びて緩んでしまうのはよくありません。両方のワキ腹にしっかり力を入れながら体を回すことが大事です。

関連ニュース