記事詳細

【新発想 2重振り子スイング】シャドースイングで体の動き確認 右肩が下がって左に上がるのが正解 (2/2ページ)

 意識としては、インパクトからフォロースルーにかけて左の肋骨(ろっこつ)を後ろに引っ張るようなイメージで体を動かすといいでしょう。そうすれば両ワキが締まった緩みのないスイングになります。

 また、物理的には左斜め上に回っていく動きですが、この形で動いたときに自分が水平に回っているという感覚を養うことも大事。その感覚が身に付けば、常に安定したスイングができるようになるはずです。

 ■新井淳(あらい・じゅん) JGTOメンバーを経て指導の道へ。打撃動作を研究し、「2重振り子スイング」という独自の理論を確立した。現在、YouTubeチャンネル「新井淳・スコアパーソナルゴルフ」を展開中。「Score personal golf lesson」(小田急線小田急相模原駅近く)も主宰しており、スタジオには、全国から悩めるゴルファーが集まってくる。

関連ニュース