記事詳細

【水沼貴史 オヤジのためのサッカー塾】元日本代表・大久保嘉人が現役引退 “やんちゃ”だけじゃない!!つま先と爪で蹴り分けるシュートに驚き (1/2ページ)

 サッカー元日本代表FW大久保嘉人(39)=J1C大阪=が、今季限りで現役引退することになりました。まだできると思いますが、ピッチを去るという決断は自分でするもの。それは彼にしか分からないことです。

 あえて「嘉人」と呼ばせてもらいます。初めて見たのは国見高時代でした。いやぁ、すべてのプレーで“やんちゃぶり”を発揮してました。ギラギラしていましたね。

 でも、それだけではなかった。実にサッカーがうまかった。あの頃の嘉人のミドルシュートはすでにプロレベルでした。国見といえば全選手がイガグリ頭で、スタミナ重視で走りまくるサッカーを連想しますよね。いやいや、嘉人を筆頭にレギュラーで全国大会に出てくる選手はみんな、それぞれに技術があった。それにも驚かされました。

 J1川崎時代には3季連続で得点王になりました。その頃、嘉人にいろいろ話を聞いたことがあるんです。とにかくシュートに対する追究がすごかった。「つま先で蹴る場合と、爪で蹴る場合ではシュートの軌道が違ってくる…」などと、事細かに“解説”してくれたんです。実際に自分のつま先や爪を見せて、蹴る動作も披露してくれました。どう蹴ったら、いかにいいゴールを決められるか。それを徹底的に突き詰めていましたね。

関連ニュース