記事詳細

阪神・糸井、古巣オリックスに「2度目の正直」 日本シリーズ第6戦にゲスト解説で激励 (1/2ページ)

 阪神・糸井嘉男外野手(40)が27日にTBS系列で生中継される日本シリーズ第6戦(ほっともっと神戸)にゲスト解説でネット裏に陣取る。

 槙原寛己、新井貴浩両氏と並んで放送席に座ることになった糸井はオリックス・中嶋聡監督(52)が2003年オフに横浜(DeNA)から金銭トレードで日本ハムに移籍した同時期にルーキーとして入団。12年オフにオリックスへトレードされるまで同僚として過ごしたこともあり、口下手な「サメ」指揮官の素顔を語れる人物として局側がオファー。13年から4シーズン過ごしたオリックスでは一緒に自主トレを行い「アイツは俺よりすごいヤツ!」と認める吉田正尚外野手(28)ら親交あるメンバーも多いだけに、オリックスの快進撃にはシーズン中から強い関心を示していた。

 実はオリックスのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージが14日まで延びた場合、関西ローカルの地上波テレビ中継にゲストで呼ばれていたが3試合で決着したため幻に終わった。本人も公式SNSに「強すぎるやろー! 14日の解説無くなったぁ!」と肩を落とした。今回も接戦にならない限り実現しなかった第6戦の中継ゲスト。「2度目の正直」でようやく古巣の雄姿を目に焼き付けるチャンスが回ってきたのだ。

関連ニュース