記事詳細

【西本忠成 トラとら虎】阪神・佐藤輝にオフなし 首脳陣「まだまだ本当の怪物ではない…体力、筋力の両方に課題」 (1/2ページ)

 阪神の佐藤輝明内野手(22)はシーズンオフ返上で体力強化を図るプランを立てている。球団OBは「後半戦の失速はスタミナが切れたところにあった。打撃フォームも大事だが、土台を固める方が先決だ。1年を乗り切る体力がつけば数字(成績)はついてくる」と今回の取り組みに賛成している。

 クライマックスシリーズ敗退後、明らかになったのは左ヒザの痛みを抱えてプレーしていたことだった。時期は後半戦という以外、詳細な説明を避けるのは不振の理由にしたくないからだが、突き詰めれば下半身の弱さに起因している。

 首脳陣のひとりは「まだまだ本当の怪物ではない。プロの体にはほど遠い。ルーキーなら誰もが当たる壁。体力、筋力の両方に課題がある。例えば足に筋力がつけばヒザへの負担も軽減できる」と分析する。

 前半戦84試合出場、打率・267、20本塁打、52打点。後半戦42試合出場、打率・158、4本塁打、12打点。「全体で50点。後半だけなら0点」と自己評価したのもうなずける。チームが16年ぶりの優勝を目指すなか59打席無安打、屈辱の2軍落ち。ルーキーの失速に歩調を合わせたようにチームも勢いをなくしていった。

関連ニュース