記事詳細

【実況・小野塚康之 時代を超える名調子】縦断高校野球列島(36)~山口県~ 父が語ってくれた池永正明物語 「大けがで完封だぞ!我慢強いし度胸があって頭もいいと来た。どうだ!」 (1/4ページ)

 甲子園に登場する強豪や名門で校名を愛称で初めて覚えたのが“下商(しもしょう)”=下関商業だ。

 1963年のセンバツで2年生の快腕池永正明を擁して頂点に上り詰め、その年の選手権でも準優勝、さらに1964年センバツにも出場した(注目を浴びるが初戦敗退)。しかし当時私は5~6歳、その大活躍の実態を全く知らない。

 この“下商”を目の当たりにし、強い関心を寄せていたのが父(故人)だった。そして野球を始めた頃の私に酒を飲みながら熱を帯びてよく話してくれた。

 それはユニホームから始まった。『ユニホームはなぁ真っ白でこうだ。一文字ってのがいいんだ』。左胸に人さし指で大きくSの文字を示し、新聞の切り抜いた写真も見せてくれた。確かに白地にSが力強く爽やかだ。父はこの“下商”のエース池永のとりこにされていた。『俺(181センチ)より小っちゃい。(池永=175センチ)でも肩幅があって胸板が厚い。顔が四角で愛嬌(あいきょう)がある』

 この辺から徐々に高揚して立ち上がり身ぶり手ぶり。『俺と一緒で右利きだ。そんでこうやって投げる』。左足を上げて動き出し右腕を引き耳の後ろあたりにトップを作る。グラブを左のわきの下に抱え込み胸を張るポーズ。ここでストップモーションになる。『この形がキレイだろ。バッターからちょうど真正面にSが見えるんだ。それからなぁ。このグローブの使い方が絶品だ。お前には分かんないだろうけどな。ふっふっふっ!』

 わがことのように池永を語る。『高校生離れしてるよ。技術がね! なあ、すごいだろ!』。ここで父はいったん座り、私が『へぇーすごいんだね』と目を輝かせて感心すると解説が続く。『球はなぁ。剛速球、速ぇーぞ、制球はグンバツ(抜群)。すぐ追い込む。それとドロップ。分かるか? ドロップだぞ!』

関連ニュース