記事詳細

ノムさんに捧げる「日本一」 愛弟子大活躍の年をヤクルト・高津監督が締めた 記者会見では天国の師匠へ“感謝” 12月11日お別れ会で優勝報告 (3/3ページ)

 そんな1年の締めくくりとして、12月11日にはコロナ禍で延期されていた野村さんのお別れの会が神宮球場で開かれる。阪神・矢野燿大監督(53)、楽天・石井一久監督(48)、西武・辻発彦監督(63)ら多くの教え子が集結するなか、高津監督は日本一監督として参列する。

 「ひとこと、ふたことでは言い表せないぐらいの、僕にとって大きな存在の野村監督なので。ちょっと失礼な言い方かもしれないですけど、その11日を日本一の監督として迎えられるのは、すごく幸せなことかなと思います」。恩師に胸を張って日本一を報告する。

 歓喜から一夜明けた28日には、「どんどん難しくなっていくことは間違いない。いろいろ変えていかなければいけないところも、たくさんある。このままではダメだろうなと思います」と早くも次の戦いを見据えた。野村監督でさえも成し得なかった日本一連覇へ。来季は恩師超えに挑む。

 

関連ニュース