記事詳細

反日掲げるクセに…韓国ゴルフ界は“日本製が大好き”の実態 「ノージャパン運動」も矛盾だらけ露呈 全メーカー「品切れ状態」 (1/2ページ)

 ことあるごとに「反日」を振り回す韓国だが、ゴルフ界ではクラブやボールなど日本製の用具が圧倒的人気を誇っているようだ。2019年に日本政府が半導体素材などの輸出管理を強化したことをきっかけに、日本製品を購買しない「ノージャパン運動」が起こり、“日本車出禁”のゴルフ場もあるが、矛盾だらけの実態を露呈させている。

 韓国関税庁は24日、今年1~10月のゴルフ用品の輸入額が前年同期比29・3%増加となる6億100万ドル(約691億1500万円)だったと発表した。過去最大の輸入額で、コロナ禍の安全なアウトドアスポーツとして認知されたことが要因という。

 国別でトップだったのが日本の2億7900万ドル(約320億8500万円)で、中国、米国、タイと続く。日本からの輸入額は減少傾向にあるというが、それでもシェアは全体の46・5%で、品目別ではクラブの64%が日本からの輸入だ。

 朝鮮日報は、流通関係者の話として、クラブは日本製品に対する需要が高いほか、インドネシアで生産されるグローブには日本メーカーのものもあるとの見方を示す。

関連ニュース