記事詳細

稲見萌寧が初の賞金女王に 来年も国内ツアーに専念 国内女子ゴルフ「ツアー選手権リコー杯」 (2/2ページ)

 五輪の出場権争いに続いて稲見に惜敗した古江は29日に渡米。渋野日向子とともに、2日に開幕する米ツアー最終予選会に出場する。近年の女子ゴルフ人気を支える若手が次々と米ツアー参戦を目指すなか、稲見は「フル参戦の予定はまったくない。スポット参戦も、隔離とか厳しいと思うので」と、国内ツアーに専念することを宣言した。

 「賞金女王を取りたいと考えたことはなくて、小学生の頃から永久シード(30回優勝)という頭だった」と目標は壮大。あと21勝を挙げ、過去6人しかいない偉業を見据えている。

 

関連ニュース