【球談徒然】名二塁手への道…土井さんが教えてくれた“ありがとう”とは

★苦し紛れの一言で重苦しいインタビューが一変

2010.08.23


名手・土井は、捕球するたび、ボールに「ありがとう」と語りかけていた【拡大】

 巨人V9黄金時代、陰のMVPといわれた土井正三さんが亡くなって間もなく1年−。

 昨年9月25日。突然の訃報(ふほう)に多くの球界関係者が悲しみに暮れたが、私にとって、プロ野球の中で最も重要視されている守りの神髄を語ってくれた忘れられない選手の一人である。

 出会いは1968年。宮崎での春季キャンプ。シーズンを前に「名手・土井の話を聞くのも勉強になるよ」。デスクのヒントに後押しされ、キャンプ地に空路乗り込んだ。【続きを読む】

 

注目情報(PR)