阪神・和田監督の危険な「鳥谷・1番」案 “イジリ”もほどほどに…

2014.01.16


またもや1番での起用プランが浮上した鳥谷【拡大】

 阪神・和田豊監督(51)が14日、鳥谷敬内野手を1番として起用するプランをぶち上げた。

 「(1番の)特性というか、選球眼が良くて出塁率も高い。足も大和に匹敵するぐらいのものを持っている」。チームの主将を高評価した指揮官。「オープン戦で1、2回試したい」と実戦テストへ意欲をみせた。

 和田監督は今年で虎29年目。鳥谷が入団した2004年も2軍総合コーチを務め力量を理解している。それだけに説得力がありそうだが、監督就任1年目の12年に「鳥谷・1番」をテスト済み。16試合で打率・226と機能せず元の3番に戻した経緯がある。

 昨季終盤には「4番・鳥谷」でチームの浮上を狙ったが、26試合で打率・326、16打点と結果を残す一方で3番が定まらず失速を助長。球団内外から非難を浴びた。

 「鳥谷・1番」の玉突きで3番に回る西岡も心配だ。1番での出場に闘志を燃やしているだけに、ヤル気をそぐ可能性があるからだ。球団OBは「今季は集大成の3年目。チームの核である鳥谷の打順は真っ先に決めるべき懸案事項だが、いまだに試す段階とは」とクビをかしげる。

 この日、沖縄・名護での自主トレを公開した鳥谷は「(走者を)返す意識は他の打順と違ったので(4番は)いい経験になった」と話したが、“鳥谷イジリ”もほどほどにしたいところだ。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!