マー君ヤ軍入りに恩師の佐藤投手コーチがエール「流されるな」 (1/2ページ)

2014.01.28


佐藤投手コーチはマー君がメジャーでもフォーム改造が必要とみる【拡大】

 楽天・田中将大投手(25)がヤンキース入りを正式表明した23日、神戸市内のホテルで『佐藤義則コーチの日本一を祝う会』が行われた。

 楽天・佐藤投手コーチのパーティーでは当然、昨季までの教え子・田中が話題になった。「どのくらい勝てばニューヨークのファンは満足してくれるのか」という話になった際、佐藤コーチは笑いながら「25勝0敗の世界だろ」と応えた。

 楽天の投手コーチに就任したとき、田中に「10年後に日本を代表する投手になっているには、もっと強い球を投げる必要がある」と強調しフォーム改造に着手した。日本ハムコーチ時代にもダルビッシュ(レンジャーズ)と「40歳まで投げられるために」と下半身主導のフォームを作り、150キロ台の速球が投げられるようになった。

 だがダルビッシュは米移籍1年目の6月、メジャーの硬いマウンドのためフォーム改造を余儀なくされた。硬くて滑りにくいマウンドでは上半身を上手に使い、上から押さえつけるようなフォームでないと通用しない。そんな話を教え子から聞かされた。

 それだけに「(田中も)斎藤隆(楽天)や上原浩治(レッドソックス)のように上から押さえ込まないといけないだろう」とフォームを改造する時期がくると示唆した。

 「ダルビッシュの器用さに比べて、田中にはそれはないが順応性では一枚上。ダルビッシュはひざの使い方で苦労していたようだが、田中は腰の持病を抱えている。硬いマウンドが負担にならなければいいがな」

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!