虎 和田監督 新采配!?無の境地 先発・能見が完封!最下位転落ピンチ救った

2015.04.28


和田監督(右)が意外な采配でチームを勝利に導いている【拡大】

 阪神は26日・広島戦(マツダ)で先発・能見が散発6安打に抑え完封勝利。負ければ単独最下位転落のピンチを救った左腕と好リードの藤井のベテランバッテリーを、和田豊監督(52)が絶賛した。

 「バッテリーがすべてよかった。(5回の)勝負どころは、藤井が裏をかいて打者にスイングさせなかった」

 早打ちする鯉打線を前に、チェンジアップを有効に使った緩急でゴロの山を築いた。0−0で迎えた5回2死二塁では、昨季は打率・375と打ち込まれた代打・会沢を低めの変化球で追い込み、意表を突いた内角直球で見逃し三振。その直後の6回には打線が5安打で6点を奪い勝ち越し。そのまま逃げ切った。

 投打がかみ合った快勝に、指揮官は「こういう勝ち方は今までなく、いつも苦しい試合をしてきた。何とか(浮上の)きっかけにしたい」と言葉を弾ませた。

 主力の調子が上がらず借金生活が続く中、あえて臨んだ“ノープラン戦法”が奏功した格好だ。

 この日の試合前ミーティングでは「今日も負ければ、周囲が騒がしくなるのはみんな分かっていたけど、監督は慌てる素振りを見せず、あえて特筆する指示も出さなかった」と、ある選手。

 前カードの横浜DeNA戦(21、22日)でも、LED照明対策が見当たらない中“ノープラン”で押し通し1勝1敗。別の球団関係者は「今年はドシッと構える印象が強い。21日もあれこれ言わずゴメスが3打点をあげて勝利した。ゲン担ぎの意味合いも込めて何も言わなかったようだ」。

 虎将の意外な采配で、浮上のきっかけをつかんでほしいところだ。 (山戸英州)

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。