マーリンズ・イチ 最多得点 王氏超え 引退後鷹指揮官就任の目 蜜月の師弟関係

2015.04.28


試合前に同僚から記念のホームプレートを贈られたイチロー(中央)=マーリンズ提供・共同【拡大】

 ソフトバンク・王貞治球団会長(74)が持っていた日本最多得点記録(1967得点)を日米通算で更新したイチローは、王会長を絶賛している。

 「王監督の記録はどの記録も特別なものなので、ただただ光栄。試合数が(日米で)違うので比較できないと思う。(自分の場合は)人に返してもらう記録。今日だって(後続打者の本塁打で生還し)立っているだけですから。(王さんと自分とでは)人としてのできが違う。それは揺るぎない点として、僕の中に植え付けられている」

 王会長も「どんな記録も破られ、更新されるべきもの。この記録もいずれ彼に更新してもらえるものと思っていた」と記録更新を喜んだ。

 2006年の第1回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で、日本代表監督とチームリーダーという師弟関係。「クールな感じのイチロー君が、日の丸に熱い思いを持った選手だとは知らなかった」と王会長がイチローにほれ込んだ。

 イチローが「王監督」と言ったのも、WBCでの太い絆があったからだろう。「その時(2006年)以来、オフシーズンに毎年1回はたくさんお話をする機会があります」と、親交ぶりを語ったが、これも事実だ。

 メジャー通算3000安打を目指すイチローに年齢的な限界説が流れているが、王氏は「まだまだ十分やれる」と反論。イチローの自主トレを見たりしているからだ。また、2人にはホットラインがあり、巨人・長嶋茂雄終身名誉監督と同OBの松井秀喜氏の師弟関係を思い起こさせる。

 巨人は“松井新監督”が既定路線で長嶋氏も熱望。松井氏の決断次第になっている。イチローには古巣・オリックスが毎年のように復帰ラブコールを送っているが、王氏との蜜月関係を見れば“ソフトバンク監督”という夢も膨らんでくる。

 2000年には巨人・長嶋監督vsダイエー・王監督のON日本シリーズがあった。巨人・長嶋&松井監督とソフトバンク・王&イチロー監督の激突が実現すれば、ON再戦、元日本人メジャー監督の戦いという球界新時代が到来する。 (江尻良文)

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。